ご挨拶

財団法人中山報恩会は、昭和15年(1940年)3月初代理事長、中山悦治翁(当時、中山製鋼所社長)が、私財100万円を寄付して財団を設立、育英事業を行ったのが始まりです。
 初代理事長は、青年時代、家の没落に遭い中学を中途退学後、数々の苦難を不屈の精神で乗り越えて、鉄鋼会社として日本で三番目の溶鉱炉(銑鋼一貫メーカー)を完成するまでになりました。
 裸一貫からこれほどまでに成功できたのは、事業に直接協力してくださった会社の人々はもちろんのこと、やはり諸先輩の方々のご指導と広大な社会国家のご恩恵の賜物と、いつも感謝の気持ちをもっておりました。
 何か社会にお返しできることがないかと常々考えておりましたところ、やはり、自分が青年時代に学業を中途で放棄せざるを得なかったつらい思い出が蘇り、世の中には経済的事情で勉学ができず、英才が埋もれている。そういう青年が安心して勉強できるように援助し、今まで受けた恩恵の一端に報いたいと決心し、別掲の趣意のもとに設立したのが当会であります。
 発足以来、今日までの奨学生は約2,700名に達しております。又、当会は奨学金の交付だけでなく、在学中はもちろん卒業後も会誌の発行、講演会・懇親会などを催し、立派な社会人として成長されますように願っております。
 顧みて70余年前に初代理事長が、報恩感謝の気持ちから播いた一粒の種が、今日まで大きく成長することができました。又、初代理事長の生涯を思い起こすたびに、人は夢を持てば強く生きられるとの思いを痛感いたします。今後も設立の趣意を大事にし、青年の夢の実現への支援を続けていきたいと考えております。

平成30年4月             

公益財団法人 中山報恩会
理事長 中山景子

財団法人中山報恩会設立の趣意

文化ノ向上ハ、国家発展ノ根源ニシテ、国民ノ厚生ハ国力伸暢ノ基本ナリ。
 今ヤ皇国ハ紀元二千六百年ノ光輝アル紀元ノ佳辰ヲ迎へ、肇国ノ大精神タル八紘一宇ノ皇謨ハ、洽ク世界ヲ光被セントシ国運ノ隆昌窮リナキモノアリ。然リト雖モ今次支那事変以来、曠古ノ大業タル新東亜建設ノ完遂ニ際会シ、国家ノ前途益々多事多端ナラントスルニ当リ、文化ノ向上、国民ノ厚生ニ関スル事業ヲ振興シ、国本ニ培フコトノ最モ緊切必須ナルヲ痛感ス。是レ茲ニ財団法人中山報恩会ヲ設立シ聊カ此ノ種事業ノ振興ニ資スルト共ニ、国家有為ノ人材養成ニ微力ヲ致シ、当中山家累代国家社会ヨリ蒙リタル鴻大ナル恩沢ノ一端ニ酬ユル所アランコトヲ庶幾スル所以ナリ。

昭和15年2月11日   設立者   中山悦治

初代理事長 中山悦治翁 略歴

  翁は明治16年(1883年)、福岡県京都郡泉村字竹並(現在の行橋市竹並)に生まれる。中山家は代々庄屋の家柄であった。明治30年福岡県立豊津中学に入学したが、父が米相場に失敗して破産、3年生の折、中途退学の止むなきに至る。以後、農業の手伝い、造船所職工、駅夫、炭鉱事務員となり、日露戦争に出征、復員後再び炭鉱に勤める。その後、石炭の斤先掘(採掘請負)、電気器具行商を経て、八幡製鉄傘下の人夫組であった亀井組の書記となった後、共同で人夫供給業酒井組を起し支配人となる。
  大正8年(1919年)、第一次世界大戦の影響による産業の盛況に刺激され兵庫県尼崎に、鉄板亜鉛鍍金業に乗り出す。大戦後の恐慌により事業は一時行き詰まりかけたが、関東大震災の復興需要により危機を切り抜ける。以後順風に乗って大正12年株式会社中山悦治商店を設立し、同13年丸釘製造を始める。
  昭和4年(1929年)、大阪市大正区船町に薄鉄板工場を建設する。昭和8年製鋼工場平炉の操業を始め、引き続き線材、厚板、中型工場の操業を開始する。 昭和9年社名を株式会社中山製鋼所と改称する。昭和14年いよいよ翁一代の心血の結晶たる日産500屯の第一熔鉱炉が操業を開始した。これにより中山製鋼所は名実共に八幡製鉄、日本鋼管に次ぐ、日本では三番目の銑鋼一貫メーカーとなる。
 昭和16年、第二熔鉱炉が完成し大いに国家の鉄鋼政策に寄与したが、終戦と同時に操業休止の止むなきに至り、産業人として第一線を隠退する。昭和26年死去(享年69才)されたが、正五位勲四等旭日小綬章を追賜される。
  生前翁は報恩感謝の念篤く幾多の社会事業に多額の私財を寄附し貢献した。昭和15年(1940年)、私財100万円を投じて経済困難により学業に励めない学生のため、財団法人中山報恩会を設立し、育英事業を開始した。また昭和19年浪速工業学校(現在の星翔高等学校)の経営、昭和21年病院経営の支援にも当り、その社会、国家の恩に報ゆる赤心は誠に顕著なものがあった。

事業所のご案内

公益財団法人 中山報恩会
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-4-5
御堂筋ビル 10階
TEL:06-6243-5577
FAX:06-6243-5578
E-mail:info@nakayama-foundation.jp 

ページの先頭へ